リスのつぶやき | 器と暮らしと食卓。手作りにこだわった器と雑貨のお店からお届けする日々のくらしのことなど。

信州へ

先週末は一泊二日で信州へ。
山は雪化粧して、冷たく澄んだ空気が妙に心地よく・・・。
信州は紅葉の時期も終わり、冬の入り口でした。


長野と白馬の間の素朴な村にある、木工のアトリエ。
そこで行われてた冬の食卓をテーマにした展示会を見てきました。
展示を見てるだけで、あったかい冬の食卓がイメージできるとってもステキな展示会でした。
工房前で一枚。


料理が評判の山の上のホテルに一泊。

馬刺しに鮎の塩焼き、たっぷりの鉄板焼きに、エビのお吸い物、小鉢二つに茶碗蒸し、ポタージュスープにカキフライ、ポテトサラダに自家製プリン(絶品!!)、フルーツ盛り合わせ・・・

うまかった?。子供達もいるので戦場のような食事タイムでしたが、それでもすっごく満足でした。

翌日は八ヶ岳へ。長野?八ヶ岳間を移動中、富士山が不意に目の前に現われ、思わず息をのみました。
富士山て人の心を動かします。私は富士山が大好きなのです。この美しさは奇跡です。
富士山のふもとで育った夫には当たり前の景色なのかもしれないけど・・・。

そして目的地の八ヶ岳倶楽部に到着。柳生博さんと真吾さんが丹精こめて作った雑木林は見事でした。
雑木林の中の枕木を線路に見立てて夢中で探索する息子。


お店を始めてもうすぐ一ヶ月。これからのこと、近い将来から遠い将来のことまで、色んな思いが錯綜してましたが、今回の旅で漠然とですが、これからやってみたいことのイメージや夢を夫婦で共有できたような気がしました。何より、山の景色が心を癒してくれました。旅はいいです。

今日もお願いします!→人気ブログランキングへ






Category : 旅行
Posted by リスの木 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。