FC2ブログ

リスのつぶやき | 器と暮らしと食卓。手作りにこだわった器と雑貨のお店からお届けする日々のくらしのことなど。

鳩吹山登山

gazou 12896-500
この週末は、子連れ登山してきました。

可児にある鳩吹山。

結構山好きな人たちの間では人気の山ということで、私も名前だけは以前から知ってました。
標高は313.5M。

標高300M代ということで、そんなにハードではないかなという私の勝手な予想・・・を見事に裏切ってくれた・・・雄大な山でした。愛知県と岐阜県の県境の雄大な自然を感じられ、人気の理由がわかった気がします。

登り始めたのは11時半前後。私達はお寺の近くの登山口から入りましたが、延々と続く急階段と正午近くの日差しに早くも息が上がる状態。夫は次男を背負っていて私は家族分の食料と水分着替えなどを背負っていたので、荷物が里山登山にしては重かったのもあるけど、一番の理由は日頃の運動不足と山登りのブランクかな。山登りってこんなに大変だったっけ?と今さらながら思いました。

予想外に元気だったのは4歳の長男。走るような勢いで軽々と登っていくのに、ついていく方が大変でした。
(しかし走っていたので余分な体力を消耗し、後で大変なことに・・・・汗)

大人なら30分程度のコースを3度の休憩とお弁当を挟んで1時間半くらいかけて山頂までたどり着きました。
しかし、さー、、帰ろうってところで長男がいきなり「疲れた・・・歩けない・・・」と、ぐにゃぐにゃ軟体動物のように座り込んでしまい動かず・・・。

そこからが地獄(?)の始まり。夫が長男を背負い、私が次男を抱っこしての下山。
ただの下山ではなく、西山という隣の山へ尾根づたいに縦走したので、下りと登りが交互にきて、かなり大変でした。

しかし途中木陰で長めの休憩をとったのを機に、2歳の次男が歩く!と。
その後1キロ程度をゆっくりですが自分の足で歩いてくれたおかげで私はかなり助かりました。
下りの階段の砂利で足がズルってなるのが面白かったみたいで、そのたびに声を上げて笑い、その笑い声にとても元気付けられました。

長男もしばらくして回復!!最後の一番急な下りを自力で下山してくれたおかげで、夫は次男を背負うことができ無事林道まで戻ってこれました。下山時刻16時。

家族で助け合ってちょっとハードだったけど初めての本格登山を無事終えられました。

山頂付近のあずまやの風の心地よかったこと。
山で食べたお弁当の美味しかったこと。
リンゴが甘くみずみずしかったこと。
下山して、コンビニで長男と買って食べたアイス「ガリガリ君」の美味しかったこと!
(食べものがらみ多すぎ?)

途中辛かったけど、それを乗りこえて下山した喜び。
町へ戻ったときの安堵感。

こういうのも全部ひっくるめて山の醍醐味かも・・・って思いました。

子供達にも伝わったかなー。


chichinohi-banar.jpg
詳細はこちら



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



Category : 日常
Posted by リスの木 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。