リスのつぶやき | 器と暮らしと食卓。手作りにこだわった器と雑貨のお店からお届けする日々のくらしのことなど。

2月になりました

20160131 141856

2月になりました。
新年を迎えて早や一か月。
暖冬かと思ったら突然の大雪に見舞われたりと、気温の変化がめまぐるしいですが、工房では、出展シーズンとは異なった落ち着いた空気の中作業が続いています。
出展は無かったものの、オンラインショップでは多くのお客様と日々やりとりをさせて頂き、お店の方に訪れて下さったお客様の言葉に勇気づけられたりと、お客様に支えられながら、良い形で2016年をスタート出来ていることを嬉しく思います。

1月最後の日曜日は、多治見市内で土と版画展を見学後、お取引先様への納品に常滑へ行ってきました。
土と版画展とは多治見市内の小中学生の粘土作品と版画作品が展示されているのですが、殆どすべての小中学校に窯が設置されているやきものの町ならではの作品展です。私が通っていた小学校にも粘土室なる、粘土専用の屋外スペースがあり、それが当たり前だと思ってたのですが、普通の学校には無いと大人になって初めて知りました。子供のころから焼き物が身近にある環境は、産地ならではですね。
その後、向かった常滑もやきものの町。土管や巨大な植木鉢が並ぶ光景は、なかなか風情があり、昔ながらのやきものの町をのんびり歩いたり、陶器を見たり、セントレア近くの大型施設に行ったりしてきました。
同じやきものの町ですが、丘の上からは海が見えて、盆地で周囲を山に囲まれた多治見とは違った趣で楽しかったです。

20160131 170159
常滑イオンの巨大招き猫 すご~く広いイオンでした


今年の本格的な出展は、3月の全国陶磁器フェアin福岡からスタートします。
来るべき春に向けて、寒さに負けないように製作に励んでいきます。




■テーブル雑貨リスの木/リスの木食器工房についての詳細はこちら↓

テーブル雑貨リスの木/リスの木食器工房ホームページ


■インターネットからのお買い求めはこちらから↓


C_170_50.jpg

Category : つれづれ
Posted by リスの木 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。